ドッグフードを与える回数や量

ドッグフードを与える際、与える回数や量などに悩むことはないでしょうか。愛犬は日々成長しているため、毎日の観察と調整が必要になってきます。ドッグフードの与え方についてのQ&Aです。

Cute little bichon posing in grass
Cute little bichon posing in grass

1日何回与えれば良いの?

ドッグフードの与える回数は、愛犬のライフステージによって変化します。離乳期が終わった幼犬の場合、一度に食べられる量が少ないのと、消化器官が未発達のため、3~4回に分けて与えます。→子犬に適したドッグフードの選び方はこちらで解説しています。

成犬になると1~2回程度に減少し、シニア期に入った老犬になると、また与える回数が増えます。これは消化器官の衰えが大きく関係してきます。

量はどれくらい与えれば良いの?

与える量は、体重や犬種、性別や年齢によって変わってくるため、ドッグフードに記載されている量を目安に与えてください。

大切なのは、愛犬にはさまざまな個性があり、食事の量も同じです。記載通り与えたにも関わらず、食べきれずに残してしまうといった場合は、与える量は多すぎたということ。愛犬の様子をこまめにチェックしておきましょう。

与える時間は決まっている?

ドッグフードを与える時間は決まっていません。ですが1日2回の場合は、朝と夕といったふうに与えると良いでしょう。

時間は決まっているわけではありませんが、そのタイミングは重要。犬の場合、食事の後すぐに運動をすると、胃捻転などを起こしやすいと言われています。そのため食事のタイミングは、散歩の後が良いでしょう。