choice

ドッグフードの選び方

どのようなドッグフードを選んだら良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか。確かにドッグフードの種類はとても豊富なため迷ってしまいます。そんな人のためのドッグフード選びQ&Aです。

ドッグフードを選ぶ時原材料チェックは必要?

もちろん必要です。ドッグフードの袋の裏に材料や与える量など、さまざまな情報が書かれています。原材料がどのようなものが使われ、またその比率はどのくらいなのかチェックすることはとても大切。犬は肉食のため、一番消化しやすい肉や魚などの動物性タンパク質が多く使われているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

また、添加物の少ないものの方が使用している素材の品質がいい傾向にあります。「酸化防止剤」「保存料」「香料」「着色料」の少ないものを選んでください。

子犬にはどんなドッグフードをあげたら良いの?

愛犬には年齢に応じたドッグフードを与えることをおすすめします。ライフステージ別にドッグフードをチェンジすることは、愛犬の健やかな成長をサポートします。子犬は体や各機能が急成長している最中であり、また一度に多くの量を食べられないことから、
高栄養のドッグフードを選ぶ必要があります。

※ドッグフードを与える回数についてはこちらで解説。また小さな口でも食べやすいような粒の小さなライプがおすすめ。

犬種によってドッグフードを変えた方が良い?

愛犬の体調や生活習慣などによってこまめに調整してあげるのが一番ですが、何を選んだら良いのか分からないという人は、犬種別ドッグフードを選ぶという方法もあります。

愛犬の犬種によってこまかく分かれているドッグフードは骨の弱い犬種にはカルシウムやリンを配合、大きな体で関節に負担がかかる犬種にはグルコサミンやコンドロイチン配合など、愛犬の特徴を考慮し作られています。