nayami

国産品と輸入品どちらを選ぶ?

毎日の食事が愛犬の体を作っているといっても過言ではないため、ドッグフード選びには慎重になっている飼い主さんも多くいます。現在のようにドッグフードの種類自体が豊富になってくると、どのようなものを選んで良いのか迷うのは当然。中でも国産と輸入品(海外産)のどちらが良いのか疑問も生まれてきます。国産品と輸入品、どちらを選べば良いのでしょう。

輸入品は危険なの?

外国産の輸入品ドッグフードは数も多く、愛犬家に馴染み深いものになっています。一般的なイメージからすると、国産品は安全だが外国産には不安があるというのが多いのではないでしょうか。ですが、そうとも言い切れないというのが実情。ドッグフードはもとより、愛犬との関わり方は海外の方がその歴史が深く、長いものです。無添加ドッグフードの品質や種類も輸入品の方が充実しています。

そのため、ドッグフードに関してもさまざまな規定が設けられており、安全性においては国産品より進んでいると言えるでしょう。ただし、海外産でも中国産などは劣悪なものも多いため、避けた方が安全。また、輸入する際の品質管理も不安視されます。

国産品は安全なの?

日本は食品に関して規定が厳しく、その決まり事が多い国です。ですがドッグフードの規定に関しては、まだまだ緩いと言えるでしょう。ペットフード安全法などが定められましたが、抜け道も多く、完璧とは言えません。ドッグフードの歴史はヨーロッパなどの海外産に比べ浅く、その規定も違います。国産品だからといってそれだけが安全性の基準にはならないというのが実情です。

原材料とその品質を重視

国産ドッグフードでも輸入品であり外国産ドッグフードでも。その原材料と品質を重視して選ぶことが大切です。愛犬の体の特徴を理解し、どのようなものが原材料として使用されているのか、原材料以外にどのようなものが使われているのか、どこでどのように製造されているのかが重要。輸入品であれば、輸入の際、品質を安定させながら輸入され品質の劣化は防げているのかなど、必ずチェックしましょう。