money

値段によって品質は変わる?

愛犬を家族のように可愛がり大切にする愛犬家が増えてきたのに比例し、さまざまな種類のドッグフードが登場しています。愛犬にピッタリのドッグフードはどのようなものか悩んでしまうのは必至の状態。そのような時に気になるのはやはり値段ではないでしょうか。値段によってドッグフードに違いがあるのかを考えます。

安価なドッグフードの特徴

安いドッグフードの特徴として挙げられるのは、動物性タンパク質の配合量が少ないということでしょう。犬は元々肉食動物です。そのため肉や魚などの動物性タンパク質が一番必要な栄養素であり、一番消化しやすいと言われています。

ですが、質の良い肉を多く使用するとそれだけコストがかかります。コストを抑えるために穀物類を多く配合し、いわゆるかさ増ししているドッグフードもあります。また大袋で販売されているものは、消費期限を延ばすために、添加物を多く使用し品質を保っている場合もあり、あまりにも安すぎる商品はきちんと原材料をチェックする必要があります。

高価なドッグフードの特徴

高価なドッグフードは使用している原材料はもちろん、添加物を一切しようしていない無添加ドッグフードです。質の良いラム肉などを使用し、合成着色料、合成保存料、合成香料など使用せず、オーガニック食材や自然由来の原料を使用したものがほとんど。無添加ドッグフードには、愛犬の免疫力をアップさせると言われるホリスティックフードや、動物性タンパク質を豊富に含んだプレミアムフードと呼ばれる最高クラスのものがあります。

値段によって品質に差があるの?

安価なドッグフードすべての品質が良くないとは言えませんが、値段によってそれなりの品質の差があると言えるでしょう。高価なドッグフードは高動物性タンパク、低炭水化物の配合バランスにより、愛犬の消化機能を助け、天然のナチュラル素材からの栄養素を摂取することが出来ます。化学添加物を使用していないため、健康に害を及ぼすこともありません。また、厳しい検査基準を通過したものが多いのも安心です。