oil

脂肪分の種類と注意点

脂肪と聞くとあまり摂取してはいけないように思ってしまいますが、人間にとっても愛犬にとっても必要不可欠な成分です。特に愛犬にとっては毛並みや皮膚の健康に大きく関係してきます。そのためには質の良い脂肪分が必要です。

とりたい脂肪分の種類とは

脂肪分は愛犬にとって必要不可欠な成分です。体を動かすエネルギーになるだけでなく、皮膚の健康や毛並みのツヤなどに大きく関係してくる成分でもあります。皮膚病になりやすい犬にとってはとても重要な成分であることは間違いありません。ですが、多く摂りすぎてしまったり、質の悪い脂肪分では逆に健康に良くない影響を与えてしまう恐れもあります。

良質な脂肪分であり、愛犬におすすめしたい脂肪分を挙げるとすれば、鶏脂肪・鶏レバー脂肪・にしん油オイル・サーモンオイル・ラム精製オイル・フラックスシードオイル(亜麻仁オイル)・DHAやEPAの不飽和脂肪酸など。特に鶏脂肪は愛犬にとても良く合う脂肪分だと言われているためおすすめです。また、フラックスシードオイルは愛犬のアレルギー症状の緩和、関節痛の緩和、ダイエット効果など、さまざな効果を持った脂肪分として注目されています。

注意しなければならないこと

ドッグフードに多く使われている脂肪分の中で、牛脂などの動物性脂肪や、コーンオイル、大豆オイル、サンフラワーオイルなどの植物性脂肪を使ったものがありますが、成分の安定が取れない場合があるため、悪影響になることも。また脂肪分はとても酸化の早い成分であることで有名です。品質を保つために使われる酸化防止剤は天然のものを選ぶようにしましょう。また、タンパク質と脂質のバランスにも気をつけてください。