これだけは避けたい危険な成分

ドッグフードにはあまりおすすめ出来ない成分が配合されている場合もあります。愛犬の健康に良くないとされている成分は、なるべく摂取しないように気を付けたいもの。どのような成分が配合されているのでしょうか。

BHA・BHT

BHAはブチルヒドロキシアニソール、BHTはブチルヒドロキシトルエンの略語であり、どちらも食品添加物のひとつです。これらは主に酸化しやすい脂肪分の酸化防止を目的に配合されているものですが、発ガン性の疑いがあるということで危険視されている成分です。

人間が食べるものとして摂取してはいけない成分に含まれていますが、ドッグフードにはその規定はまだ適用されえいないため、配合されている場合もあるかもしれません。

エトキシキン

エトキシキシは酸化防止剤として使われる成分のひとつです。昔から抗酸化作用に優れていると言われていますが、人間が摂取してはいけない成分のひとつに加えられています。ドッグフードへの使用は禁止されておらず、配合されているドッグフードも存在します。愛犬の健康に被害をもたらす可能性もありますので、避けた方が良いでしょう。

ブチルヒドロキシアニソール

ブチルヒドロキシアニソールもBHA・BHTと同じく、発ガン性物質として危険視されている成分です。食品添加物として冷凍食品や油脂、バターなど、いくつかの食品に使われていると言われています。摂取し続けると甲状腺ガンや膀胱ガンに発展する危険性が捨てきれないという実験結果も出ているようで、この成分が配合されているドッグフードはおすすめ出来ません。

反対に、すすんでとりたい健康促進成分についてはこちら。