basashi

犬に生肉を与えても大丈夫?

犬はもともと狩りをし、獲物を捕まえていた肉食動物です。そのため、体の構造も肉から摂取できるタンパク質を一番消化しやすいようにできています。

では、生の肉を与えてもいいのでしょうか。生肉はOKなのか、そしてどのような肉を選べばいいのか解説します。

犬はもともと生肉を食べていた肉食動物

犬の祖先はもともと野山を駆け回り、狩りをしていた肉食動物です。当然、獲物を捕まえれば生肉を食していたと考えることが自然でしょう。

犬の体はタンパク質を一番消化しやすく構成されており、人間とは体の構造がまったく違います。ですが、人間のペットとして飼育されるようになり、生肉を食べる機会は減少しました。

現在はさまざまな栄養素がバランス良く含まれた総合栄養食であるドッグフードを主食としているため、生肉を与えることは飼い主さんも抵抗があるようです。

生肉は与えてはダメなの?どんな肉ならOK?

生肉を犬に与えることはNGではありません。ドッグフードメーカーの中には、犬の原点に還ることをテーマとした生肉ドッグフードを販売しているところもあります。

ただし生で与えることに向いていない肉もあるため注意しましょう。

生肉を与えるメリットとは

  • 加熱することで壊れる酵素を摂取することができる
  • 消化しやすいタンパク質が摂取できることで愛犬の体に負担がかからない
  • アレルギー体質の改善

与えてOKな肉とNGな肉

生肉を与える場合は、どのような肉を選ぶのかがとても重要となります。与えても大丈夫だと言われているのは圧倒的に馬肉、次に牛肉となります。どちらももちろん新鮮なものに限り、骨は骨付きはNGです。

逆に与えてはいけないと言われているのは鶏肉と豚肉。寄生虫や細菌の危険性があるため、与えない方がいいでしょう。もちろん、きちんと加熱すれば心配はありません。

心配であれば市販生肉ドッグフードを

生肉のメリットが見直されることによって、さまざまなドッグフードメーカーが生肉フードを販売しています。自分で用意することに心配があれば、ドッグフードメーカーが作った生肉フードを選べば安心です。

ただし、愛犬の体質などによっては合わない場合もあります。はじめは少量から、そして徐々に増やしていき、体調に変化がないか管理してあげてください。