rabbit

【アレルギーになりにくいウサギ肉が主原料のフード】メリットとデメリット・おすすめの愛犬のタイプ

ウサギ肉はドッグフードの主原料としてあまり使用されていない肉のひとつです。ですが、愛犬にとってとても有効に働いてくれるとても優秀な肉。ウサギ肉とはどのような肉なのか、そのメリットについて見ていきましょう。

ウサギ肉の効果とメリット

欧米ではウサギは良く食べられている食材のひとつですが、日本では食べる習慣があまりないため、ウサギを原料としたドッグフードはあまり見かけることができません。

ドッグフードの主原料としては、かなりマイナーな食材であると言えます。ですがウサギ肉はとても優秀な肉として知られており、アレルギーの起こりにくい主原料です。

高タンパクで低カロリー、しかも低脂質ととてもヘルシー。特にビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・カリウム・リンなどが豊富。栄養価もマル。

  • 生活習慣病予防
  • ダイエット効果
  • 疲労回復効果
  • 造血効果

どのような肉を食べてもアレルギーを起こしてしまう愛犬は、最終的にウサギ肉に落ち着くことが多いとの結果も。低カロリーなため、肥満解消にもおすすめです。

ウサギ肉のデメリット

愛犬の健康のため、またアレルギーを持った愛犬のためにとても優秀な働きをしてくれるウサギ肉ですが、そんなウサギ肉にもデメリットがあります。それはマイナーな主原料故の悩み。

  1. ウサギ肉を使用したドッグフードが少ないこと
  2. 価格が安価ではないこと
  3. 原料の品質に不安があること

以前、中国産のウサギ肉の品質に大きな問題があると話題になりました。原産国にも注意しなければなりません。このようなデメリットはありますが、メリットも多いため、どちらを優先するのか考えて購入することが大切です。

おすすめタイプの愛犬は?

ウサギ肉を原料にしたドッグフードが合う犬のタイプはこちら。

  • アレルギーを持っている
  • 肥満気味

アレルギーを持っている愛犬にはとてもありがたい肉のひとつ。また低カロリー低脂質でありながら、犬に必要なタンパク質はしっかりと摂取できることも魅力です。

おすすめ商品

ウサギ肉を使用したドッグフードのおすすめはこちら。

プレイアーデン 贅沢ジビエ 野うさぎ
ドイツ産ドッグフード
スーパーフード「キヌア」、水溶性食物繊維のイヌリンが豊富な「キクイモ」配合
有機食材BIO認証

値段は通常のドッグフードと比べかなり高価。ただし、原料や製造方法にこだわった高品質なドッグフードであることは間違いありません。