rum

【代謝アップを狙えるラム肉が主原料のフード】メリットとデメリット・おすすめの愛犬のタイプ

ラム肉はドッグフードに活用されることが多い人気の肉。ラムは羊肉のことで、詳しくは1歳未満の子羊の肉のことを指します。犬の食いつきがいい肉としても知られ、とても人気の肉になります。そんなラム肉のメリットやデメリットなどを見ていきましょう。

ラム肉効果とメリット

ラム肉はさまざまな栄養素が含有されている高栄養な肉のひとつです。良質なタンパク質はもちろん、BCAAと呼ばれるロイシン・イソロイシン・バリンのアミノ酸、ビタミンB群をはじめとするビタミン、亜鉛などのミネラルなど、さまざまな栄養素がバランス良く含まれているとことも魅力です。

またL-カルニチンが含まれていることも特徴のひとつ。カルニチンは代謝機能に重要な働きをする成分のひとつで、脂肪燃焼効果が特に期待できます。ラム肉の効果や働きはこのようになっています。

  • 脂肪燃焼
  • 生活習慣病予防
  • 血行促進
  • コレステロールの減少
  • 動脈硬化予防

不飽和脂肪酸の働きによるコレステロール減少効果にも注目。また、ダイエット中の愛犬にうれしい脂肪燃焼効果は特に高い肉でもあります。

ラム肉のデメリット

ラム肉はさまざまな栄養素ばバランス良く含まれており人気の主原料ですが、気になる部分もあります。実は高カロリーで高脂質。タンパク質と同量、脂質も多い肉でもあるんです。

なぜダイエット向きの肉であると言われているかというと、L-カルニチンが含まれていることによって、脂肪燃焼効果が高いためです。脂肪燃焼効果は運動と大きな関係があります。

つまり、運動量が多い愛犬にとって、ラム肉はとてもいい効果を発揮することになりますが、あまり運動をしない運動量の少ない愛犬にとっては、肥満の原因にもなってしまうのです。また、アレルギーにもなりやすい肉のひとつてもあるため、愛犬にとってラム肉が効果的に働くのか、見極める必要があります。

おすすめタイプの愛犬は?

高カロリー高脂質のラム肉ではありますが、このラム肉を原料にしたドッグフードが合う犬のタイプはこちら。

  • ダイエットが必要
  • 運動量の多い
  • 成長期
  • 虚弱体質で痩せ気味

L-カルニチンが多いラム肉は、運動によってすっきりと体を引き締めたい愛犬にぴったりの肉。栄養成分もバランス良く配合された良質な肉のひとつです。

おすすめ商品

ラム肉を使用したドッグフードのおすすめはこちら。

アランズ ナチュラルドッグフード ラム
イギリス原産ドッグフード
ラム肉の含有率が55%であり良質なタンパク質の摂取が可能
100%無添加
国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得

無添加のため、酸化防止には天然のハーブを使用。もちろん人間も食べることができるヒューマングレードの高品質ドッグフードです。