chicken

【低カロリーのヘルシー鶏肉が主原料のフード】メリットとデメリット・おすすめの愛犬のタイプ

鶏肉は高タンパクでありながら、とても低カロリー、ヘルシーな肉として有名。私たち人間もダイエットの際、活用することが多い肉でもあります。

そんな鶏肉を使ったドッグフードにもデメリットはあるのでしょうか。また、鶏肉フードにぴったりの愛犬のタイプも調査。

鶏肉の効果とメリット

鶏肉は高タンパク低カロリーな肉のひとつです。タンパク質を多く必要とする犬にとってはとてもうれしい栄養素が多く含有されています。また、ビタミンAをはじめビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンKなどのビタミン群も豊富。

体内合成不可能な必須アミノ酸もバランス良く含んでいます。特にビタミンAは、豚肉や牛肉の数倍にも及ぶと言われています。そんな鶏肉にはこのような効果が期待できます。

  • 悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増加させる
  • 滋養強壮効果
  • 肝臓機能の健康維持
  • 皮膚の健康を守る

鶏肉を使用したドッグフードはメジャーであり、また手作り派にも手に入れやすい食材のひとつでもあります。選択肢が多くある食材のため、愛犬にぴったりのドッグフードを探すことが大切です。

鶏肉のデメリット

鶏肉はヘルシーで高タンパク。犬にとって必要なタンパク質をしっかりと摂取できる肉のひとつです。ドッグフードの朱主原料としても良く活用されていますが、実はすべての鶏肉がヘルシーかと言われると、実はそうではないんです。

鶏肉には脂身部分が多く、脂身部分を使用しているドッグフードであれば、含有されている脂質の量は多くなってしまいます。また脂身を好む愛犬もいるため、そのようなドッグフードは嗜好性の高いドッグフードとしても人気。

手作りであれば脂身部分は取り除けるものの、ドッグフードであれば使用部位をしっかりと確認する必要があります。また、鶏肉はアレルギーになりやすい食材でもあるため、アレルギーの心配のある愛犬にとっては避けなければいけない、または長期間食べ続けるのを注意しなければならない食材でもあるのです。

おすすめタイプの愛犬は?

鶏肉を主原料に使用したドッグフードはこのようなタイプの愛犬におすすめです。

  • アレルギーを持っていない
  • ダイエットしたい
  • 運動量が減少した老犬
  • 皮膚トラブルを持っている

鶏肉はアレルギーを比較的起こしやすいと言われています。長期間食べ続けるのではなく、フードローテーションを行うとアレルギーのリスクを減少することができます。また低カロリー低脂質であるため、消費エネルギーの減少したシニア犬にもおすすめです。

おすすめ商品

鶏肉を使用したドッグフードのおすすめはこの2品です。どちらも高品質でネット購入可能。

カナガン チキン
イギリス原産の人気ドッグフード
国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造
ヒューマングレードでグレインフリー


ロータス チキンレシピ
カナダ原産のヒューマングレードフード
AAFCO(米国飼料検査官協会)の厳しい基準をクリア
吸収率をアップさせているためシニア犬にも食べやすい

さまざまな国際規格をクリアしたドッグフードはやはり高品質。海外産に良質なドッグフードが多いのは、品質基準がしっかりと確定していることも大きな影響を与えています。